住まいをカスタマイズしよう

イチオシ

将来に備えた住宅設計

ソファでくつろぐ

リフォームのメリットは臨機応変に自分たちの生活の変化に応じて、住宅を変化させることができる点です。そのため、あらかじめ住宅の設計の時点で将来のリフォームを視野にいれて行うことで、いざという時にスムーズにリフォームできます。

詳細を読む

新しい可能性

室内

リフォームは、家全体をカバーでき最近ではスタンダードな選択肢であると思われる。家の中だけではなく、修理にも業者が対応している。リフォーム業者は多数いるので、評判も参考にしながら選ぼう。

詳細を読む

冬場の結露をなくす方法

断熱効果を高める

観葉植物のある部屋

内窓を設置することで大きなメリットがあります。内窓の設置は簡単なリフォームで行うことができますし、費用も少なく期間も短時間で行うことができます。しかし、住宅すべてのサッシに内窓を設置することは大変ですので、メリハリの利いたリフォームにこころがけることが大切です。内窓を設置するメリットは、防音や防犯の観点もありますが、断熱効果の向上が大きなものと言えます。例えば、シングルガラスの窓であれば、冬場は毎日のように結露が生じます。これは外気の温度と室内の温度が違いすぎるため、窓の内側の空気が外気によって冷やされて水滴が発生してしまうために生じるものです。内窓を設置すれば外の冷気が入ってこなくなるため結露が生じません。

窓の間の空気が冷気を遮断

外気温が低いような地域であっても、シングルガラスの窓であれば結露が発生しますが、ペアガラスやトリプルガラスを採用している住宅であれば結露は生じません。最近建てられた住宅の場合、全ての窓がペアガラスやトリプルガラスを使用しているため、断熱効果はかなり高く、結露が生じることはありません。しかし、古い住宅の場合にはほとんどがシングルガラスですから、内窓を設置することで大きなメリットを得ることができるのです。既存の窓と内窓の間に空気の層ができるため、室内の空気が室外の冷気によって冷やされるということがないためです。若干窓の開閉が不便になるという欠点はありますが、断熱効果を高めることで結露がなくなれば大きなメリットです。

ピックアップコンテンツ

高い断熱性を実現する

大きな窓

内窓を設置することで断熱性を高めることができます。二重ガラスよりも断熱効果は高く、既に二重ガラスを採用している住宅であっても、内窓を設置することで省エネをしながら暮らしやすい住宅にリフォームすることができます。

詳細を読む

TOP